2016年8月29日月曜日

ラムサールシンポ2016無事終了

2016年8月27日から29日にかけて、
鳥取県米子市でラムサールシンポジュウム2016が開催されました。


市川さんは、昨年の子ども交流事業では香港マイポ湿地公園と米子水鳥公園をつないでいただいたり、EAAFPのフェイスブックに日本語の記事を発信したりするなど活躍されています。

EAAFPについては、下記の日本語ページでも概要を知ることができます。また、EAAFPのニュースレターは、バードライフ・インターナショナル東京の翻訳により、日本語でも概要を見ることができます。

 
(事務局日本語)


(ニュースレター)



今回のシンポジュウムでは、

セッション3「湿地の管理に携わる人々の活動を強化するには」
基調講演 水鳥湿地センターの役割-伝え、つなげ、育てる場

をご講演いただきました。



市川さんの米子水鳥公園訪問の様子
左:神谷 館長  右:市川さん


市川さんの韓国での引き続いてのご活躍をお祈りいたします。
 


※財団では、この会議の誘致に努力するともに、実行委員会に参加しました。
また、3題の発表を行った他, エクスカーション、合同懇親交流会、セッション3の進行役など
大会のスムーズな運営と、
米子・中海周辺地域のラムサール条約への取り組みについてPRさせていただきました。