2019年1月19日土曜日

早朝開館20190119

米子水鳥公園は、土日祝日は、朝7:00から開館です。
今朝は、風もなく公園のつばさ池は、鏡のようです。
コハクチョウがネイチャーセンターの目の前で寝ています。
日の出が、先週より少しだけ早くなったようです。















風もなく、鳥の鳴き声だけが聞こえる静かな朝です。






























雲間から7:45分ごろ太陽が顔を出してくれました。

FACEBOOKを見て来館いただいた皆様、ありがとうございました。
満足のいく写真は撮影出来ましたでしょうか?
(追記)


ヘラサギ 5羽も確認しました。


2019年1月12日土曜日

早朝の水鳥公園20190112


土日祝日は、早朝開館をしている米子水鳥公園です。
明日は、カモ科鳥類の全国一斉調査の日です。
全国の調査員の皆さんと一緒に早起きをする予
定です。

今朝の水鳥公園は、
コハクチョウ108羽 オオハクチョウ 2羽
トモエガモ450羽



























月曜日から姿を消していたヘラサギ5羽を確認しました。
ところが、7:40には西の方へ飛んで行ってしまいました。
(ヘラサギは昨日午後に3羽帰ってきていました)

2019年1月11日金曜日

アオバト

今朝、出勤時に園内で樹上にとまるアオバトを見つけました。

開園以来、数例しか記録がない珍しい鳥で、
かつ、飛んでいるのをチラリとみかけた例ばかりで、
これまではっきりと観察できなかったのですが、
今日はようやくとまっている姿をじっくりと観察できました。
証拠写真が撮れたのも、これが初めてです。















(きりぎりす)


2019年1月6日日曜日

水鳥のバードカービングデコイ公募展終了


本日で、水鳥のバードカービング・デコイ公募展は終了です。
最後にコアジサシのデコイとデコイづくり教室の関連の報告をします。
 

今回のデコイ展でご紹介したデコイを使った自然保護ですが、鳥島とか動物園とか特殊な場所だけでなく、身近なものもあります。それは、コアジサシのデコイを使った繁殖誘致運動です。

コアジサシは広い砂浜に卵を産むカモメに似た鳥です。砂浜の真ん中という目立つ場所で繁殖するため、コロニーを作って集団で繁殖します。ところが、コアジサシの繁殖地は、近年こういった砂浜の開発だけでなく、RV車の砂浜の乗り入れや野良猫などの増加のため急激に減少しています。このコアジサシの繁殖を助けようと、全国でこのコアジサシのデコイを置いて繁殖地を守ろうという運動が行われています。繁殖地として利用できそうな環境に、コアジサシを呼び寄せるために使われています。











リトルターンプロジェクトで使われているデコイ


鳥取県でも野鳥の会鳥取県支部など野鳥保護団体により大きな川の河口などで同様な活動が行われています。
東京のモノレールの駅のある昭和島では、東京湾には砂地がないために大型施設の広大な屋根にこのデコイを置いて誘致を試みている場所もあります。このリトルターンプロジェクトでは、年によっては5000羽を超えるコアジサシの誘致に成功しています。








モノレール昭和島駅前の東京都下水道局森ヶ崎水再生センター(下水処理場)がある。ここの屋上にコアジサシのデコイが置かれて繁殖誘致が行われている。






今回の公募展では関連企画として、このコアジサシのデコイを作るイベントも実施しました。ヤスリを使ってデコイを削り出し、ピカピカにペンキを塗っていくのはとても楽しいひと時でした。なかなかコンクールに出展するようなものを作るのは大変ですが、こんなボランティアも楽しいかもしれません。

















また、この活動の大変なところは、コアジサシに仲間がたくさんいると思ってもらうために、大量にデコイを作らなければいけません。これを作る作業が大変で、削り出す作業だけでなく、デコイの材料にも費用がかかり、作れる数も限られるそうです。そのため、製作に協力してもらうボランティアを募集したり、このデコイを安価に製作するために金型を作ったりしている団体もあります。このように、コアジサシのデコイ作りは、一番身近にできるデコイを使った自然保護活動です。
















 このようにデコイは古く歴史のあるものですが、デコイを使った活動は今後も様々な形で広がってゆくでしょう。

最後に、この公募展にクラウドファンディングそのほか寄付金などでご支援いただいた皆様、作品の募集にご協力をいただいた日本バードカービング協会内山春雄会長他皆様、公募展に出展していただいた全国のカーバーの皆さん、展示にご協力いただいた保護団体の皆様、貴重な西村コレクションを貸していただいた三瓶自然館、ボランティアで展示や監視をお手伝いいただいたバードカービング米子の皆様、日本野鳥の会鳥取県支部の皆様ほか、協力いただいたすべての関係者の皆様に、改めてお礼を申し上げます。

公募展での来館者投票による「特別賞」は、
菊田 幹夫(広島県) さんのオシドリ メス(親子)」に決まりました。
菊田さんにも記念品と賞状がおくられます。

2019年1月5日土曜日

トモエガモ800羽!

今朝、コハクチョウは169羽もいました。
昨日も昼間なのに126羽も園内にいて、
元旦に9羽しかいなかったのがウソのようです。

急激な数の増加は、南部町を採食地としている個体群が
水鳥公園にねぐらを移していることが要因のようです。
南部町組は水鳥公園の敷地内の東寄りに群れるのが特徴です。
南部町組は、日野川の中州か水鳥公園をねぐらとしているのですが、
いつどちらをねぐらに選ぶのかの判断基準がよくわかりません。

なお、この写真のコハクチョウの背景に群れているのは、
トモエガモです。約800羽確認され、今日園内で最も多くいた鳥です。
しかし、はるか700mくらい先に群れていて、
遠すぎて観察した気がしません。





はるか遠くのトモエガモの群れを観察していたら、
手前の細長く見える島の左端でハヤブサが狩りをしていました。
獲物はオオバンのようです。


南部町に採食に向かうコハクチョウたち。
直線距離で約10㎞も離れているのですが、
この長距離通勤をいとわず水鳥公園をねぐらに選んでくれていることが
とてもありがたいです。

今日はオオハクチョウが9羽(うち幼鳥2羽)いました。
近頃は成鳥2羽しかいなかったので、
子連れの家族がやってきたのは久しぶりです。














3日に西へ飛び去ってしまったヘラサギは、
無事戻ってきてくれました。
今日は一日中5羽いました。














このほか、久しぶりにクイナを見つけました。
今季2度目の記録で、私は今季初めて見ました。

(きりぎりす)

朝の水鳥公園20180105雨・・・暗い










土日は、朝7:00開館の米子水鳥公園です。
朝6:50





また、今日は雨・・・・・
雲が厚く、まだ夜です。一番日の出が遅い時期です。
今日はコハクチョウの群れ59羽がネイチャーセンターの前で寝ていました。
コハクチョウを起こさないようにそっと開館です。

2019年1月4日金曜日

今朝の水鳥公園20190104

米子水鳥公園は、今日から通常の開館です。
あさ8:00の風景です。コハクチョウ99羽がいました。
この時期は、日の出が一番遅いので遅くまで白鳥の群れが残っているようです。




明日は、朝7:00開館です。