2018年11月17日土曜日

今日はコハクチョウの帰宅が早い!

















今日は一日雨となってしまいました。
こんな日は、コハクチョウたちも採食を早じまいでしょうか?
16:30ごろから次々と帰ってきました。
朝は22羽しかいませんでしたが、17:00頃には35羽に増えました。

コハクチョウは、安来の田んぼに水が張られた11月9日以降、
1月末までは数十羽~100羽程度しか飛来しない見込みです。
北帰行が始まる2月中旬ごろの盛り上がりに期待しましょう。

その他の鳥
ヘラサギ        2羽  一日中公園にいました
オオハクチョウ   8羽 昼間に登場。うち幼鳥5羽。いつもいる4羽家族とは別?
マガン               15羽 今年はなかなか飛来しません。数日ぶりの観察です。
ミコアイサ    21羽 かなり増えてきました!
ハジロカイツブリ 23羽 同上!
トモエガモ      37羽 かなり増えたけれど遠い!
シロハラ       1羽 今季初認!
ベニマシコ     1羽 今季初めて声が聞こえました!
ツバメ        2羽 まだいた!
など、48種類、約4000羽

2018年11月16日金曜日

今日はホオジロ祭り!

本日行いました鳥類標識調査で、
ホオジロの仲間が5種類も捕獲できました。
オオジュリンばかり捕れる米子水鳥公園では珍しいことです。

まずは主役のオオジュリン(これは以前ご紹介した写真です)。














カシラダカ(オスの第1回冬羽)














シベリアジュリン。
この写真は足環が付いていたオス第1回冬羽です。
足環付きのシベリアジュリンが捕獲できたのは珍しいです。
どこで標識された個体かな?














ホオジロのメス第1回冬羽。














最後に、アオジのメス第1回冬羽。
今季初記録です。
















以上、
オオジュリン   92羽(R4)
カシラダカ    5羽
シベリアジュリン 3羽(R1)
ホオジロ     1羽
アオジ      1羽
の計5種・102羽(R5)という成果でした。

(きりぎりす)

2018年11月15日木曜日

2018年11月10日土曜日

第34回鳥取県インターアクト指導者講習会

本日は、米子水鳥公園の視聴覚室で
第34回鳥取県インターアクト指導者講習会
を実施されました。

最初に館長より「考えよう私たちの生活と 中海のハクチョウたち」を聞いて頂いた後、
ゴミ拾い に中海の湖岸へ出かけました。
先々週、ゴミを拾ったはずなのに
ずいぶんゴミが落ちています。



また、今話題のマイクロプラスチックのお話をしました。
現在のままでは、30年後には海にいる魚の量と
プラスチックごみの量が同じになるという試算が
出ています。







掃除している間に、ハクチョウの群れが上空を
通過してゆきました。






 最後にワークショップを行い、今ごみ問題で
今私達が出来る事は何か?
これから社会や技術をどう変えていったら良いか?
という話し合いをしました。





最後に各班に発表して頂き、分かち合いをしました。

今朝の米子水鳥公園 11月10日


今朝は、朝焼けがきれいです。

米子水鳥公園は、11月~3月の土日は、朝7:00~早朝開館しています。




2018年11月9日金曜日

ホオジロ類3種を標識放鳥!

本日行いました鳥類標識調査で、
ホオジロの仲間が3種捕獲できました。

ホオジロのメス第1回冬羽。
一年中園内にいますが、標識調査ではあまり捕獲されません。
今年初標識です。
















シベリアジュリンのオス第1回冬羽。
今季2羽目。前回はメスでしたが、今回はオスが捕獲できました。














そしてオオジュリン。写真は省略。
現在、オオジュリンの渡りの最盛期です。


というわけで、今日の調査結果は、
・オオジュリン   95羽(リング付き2羽)
・ホオジロ     1羽
・シベリアジュリン 1羽
以上、3種97羽でした。

(きりぎりす)

2018年11月8日木曜日

困った侵入者

仕事を終えて帰宅しようかと思った時、
館内にコウモリが侵入して飛び回っていました。

このまま職員が帰ってしまうと、
館内の警備システムがコウモリに反応して作動してしまうので、
コウモリには外へ出て行ってもらわなければいけません。

しばらく待ってみたところ、
館内の壁の高所にしがみついてじっとしていました。
そこで、梯子で登って捕獲し、外へ逃がすことにしました。

























このコウモリは、アブラコウモリです。
子犬のようなかわいらしい顔をしています。















コウモリは捕獲しても全く暴れることなく、
丸くちぢこまっていました。
てのひらに仰向けに乗せてみても、ご覧のとおりです。
この姿勢で、約5cmくらいしかありません。














ちぢこまったままのコウモリを屋外に連れていき、
階段の手すりにそっと乗せたところ、
モソモソと這っていきました。
これで安心して帰宅できます。


ご注意!
コウモリは野生鳥獣のひとつなので、
本来は勝手に捕獲してはいけません。ご注意ください。

(きりぎりす)