2022年10月7日金曜日

まだ来ない!

去年の今日はコハクチョウが初飛来していましたが、今年はまだ到着していません。3年連続10月7日に飛来したら面白かったのですが、残念です。

6:23の風景。















ネイチャーセンター右手の岸辺にサギ類が群れていました。6:22撮影。















その中にハクチョウが2羽いましたが、コブハクチョウでした。近頃2羽でよく現れます。6:23撮影。
















「キーイ、キーイ…」とけたたましい声が響き渡り、よく見るとセグロカモメが2羽飛来していました。そのうちの1羽が何度も水面に急降下して、ヌートリアを威嚇していました。8:26撮影。















池の北岸(ネイチャーセンターから見て左手)の木々にゴイサギが群れていました。数えてみたら26羽もいました。これほどゴイサギが集まったのは今年初めてです。8:31撮影。







ヨシ原からは、あちらこちらから「ジッジッジッ…」とコヨシキリの声が聞こえます。目を凝らして探していると、ヨシの茂みの中を動き回るコヨシキリの姿が透けて見えます。
こんな感じです。















目立つところにとまっている小鳥がいたので注目したら、スズメでした。コヨシキリもこんなふうにとまってくれたら観察しやすいのですが。















全身が見える瞬間は、なかなかありません。















ヨシキリはヨシにとまっている姿が一番似合っています。しかし、さえずるオオヨシキリのように、よく見える場所にはとまってくれません。















このコヨシキリには足環が付いていました。コヨシキリは鳥類標識調査でよく捕獲されるので、足環付きの個体をよく見かけます。どこで標識された個体かな?















コヨシキリを探していたら、タシギが見つかりました。
















近頃、チュウヒが2~3羽よく見られるようになりました。この個体は、右手に見えるウラギクの池のほとりが好きなようで、いつも同じ場所に折りて佇んでいます。
















飛びながら糞をするチュウヒ。脚が汚れないように脚を開きます。















目の前の砂浜にセグロセキレイがやってきました。この個体は背中がやや灰色なのでメスです。
















背中が真っ黒なオスもやってきました。セキレイ類は、囀りながら歩き回って採食するのがよく見られます。
















永遠のライバル?ハクセキレイとばったり出会い、戦闘開始。今回はセグロセキレイが優勢でした。
















ハクセキレイを追い払った後、2羽で歩くセグロセキレイのオスとメス。一応、行動を共にしていますが、近づきすぎると牽制する、微妙な関係でした。





ネイチャーセンター前右手に見える小島(シギ島)で眠るヨシガモのオス。お腹に生殖羽が現われ始めています。今年は目の前のシギ島とカモ島によく上がるので、生殖羽に換羽が終わってからも変わらずに目の前にいてほしいものです。




今年のコハクチョウの初飛来は、昨年よりも遅れることがほぼ確定しました。今晩も雨が降るようですが、コハクチョウはいつ到着するでしょう?

(きりぎりす)

2022年10月6日木曜日

記録更新ならず!

今朝、コハクチョウが来ているのではないか、と館長がハラハラしながら早朝出勤して確認しましたが、まだ到着していませんでした。

その後も、昼間に到着するかも、と思って過ごしていましたが、今日の飛来はありませんでした。最早記録の更新ならず、でした。


昨日夕方にねぐら入りを確認したマガンは、今朝は館長が声だけ確認しました。

11:10頃、南西方向からガンの11羽の群れが飛来しました。今朝のマガンが朝食を終えて昼寝に帰って来たのかと思いましたが、降りずに大山の右手側で右へ旋回し、来た方向へ戻っていきました。園内の様子を確認しに来たようでした。











距離が遠く、無言で飛んでいたので種類が分かりませんでしたが、写真を撮って確認したところ、ヒシクイ10羽、マガン1羽のようでした。ヒシクイは今季初認です。

中海上空を南西方向へ飛び去るガンの群れ。後ろから4羽目がマガン、それ以外はヒシクイと思われます。











明日コハクチョウが飛来すれば、3年連続で7日に飛来することになり、これもまた面白いです。さて、どうなるでしょう?

(きりぎりす)

2022年10月5日水曜日

噂をすれば影が差す

もうそろそろ、昨年のコハクチョウ初飛来日が迫ってきました。まだ到着していませんが、今日北海道と新潟から初飛来の便りが届いたので、もう間もなくやってきそうです。

「今年はまだオシドリが来ないの?」と常連のお客様から尋ねられて、「もうそろそろ来る頃ですけど。もしかしたら、今いるんじゃないですか?」とお話ししていたら、本当にいました。ビックリ!


今年の初オシドリ3羽。すべてオス。第1発見時は500m先のマガン半島の岸辺でしたが、チュウヒが飛来したため、カモが驚いて飛び交って見失い、いつの間にかネイチャーセンター左手の岸辺に移動していました。










カモ類がどんどん増えています。これまでエクリプスばかりだったホシハジロが、いつのまにか生殖羽に換羽した美しい個体がたくさんいました。











マガモとヒドリガモ、ヨシガモなどの群れ。











今日もシギ類は健在です。

右手に見えるシギ島にいたツルシギとアカアシシギ。










今日のシギ類は、ツルシギ2,アカアシシギ1,コアオアシシギ3,アオアシシギ3,イソシギ1,エリマキシギ1がいました。


ネイチャーセンター横のネムノキで賑やかに鳴くモズ。どうやらこのメスは、ネイチャーセンターのすぐ横に縄張りを構えたようです。












私の仕事机の約5m横にとまったキジバト。このキジバトがとまった浄化槽の上は、意外と鳥に人気で、ハクセキレイ、キジバト、ヒヨドリ、イソヒヨドリがよくとまり、時にはハシブトガラスもやってきます。ガラス越しならば至近距離で観察できますが、窓を開けると逃げてしまいます。







近頃、園内北岸の樹上をねぐらとするシラサギ類が増えています。
17:00撮影。

















18:03撮影。









シラサギ類のねぐらを観察していたら、マガンが帰ってきました。10/1に2羽を初認後、もう22羽に増えていました。暗すぎて撮影はできませんでした。

シラサギ類がねぐら入りする一方で、ゴイサギたちは活動開始です。あちらこちらからゴイサギの「クワッ!」という声が鳴り響きます。


さて、明日の朝、コハクチョウはいるでしょうか?

もしもいたら、開園以来の最早記録の更新となります。コハクチョウ初飛来日クイズ2022も、いよいよ佳境です。

(きりぎりす)

2022年10月2日日曜日

ムナグロ到着&園内初記録(かも?)

今日の新着の鳥は、ムナグロでした。

2羽が右手に見えるウラギクの池で一日中過ごしていました。










夕方にウラギクの池を離れて、隣接している草地に出てきたムナグロ。ムナグロは背が低い草地が好きで、ネイチャーセンター前にはなかなか寄ってきてくれません。










カッコウの仲間も1羽いたのですが、距離が遠く同定には至りませんでした。大きさと模様からツツドリの可能性が高く、ツツドリならば園内初記録ですが、はっきりせず残念!










ネイチャーセンター向かいの土手の周りを、ツバメ類が多数飛び交っていました。

ツバメ。










コシアカツバメ。










そしてイワツバメ。










ショウドウツバメもいないかと、目を凝らして飛び交うツバメたちを観察しましたが、この3種しか見つかりませんでした。10月になったので、そろそろツバメたちともお別れですね。


今日のシギたち。

オグロシギ1羽は今日も健在です。










この秋絶好調のアオアシシギ類。今日はアオアシシギ8羽、コアオアシシギ3羽がいましたた。







9/22~9/30まで見られなかったエリマキシギが、昨日から復活(写真左上)。夕方に、オグロシギ、ツルシギ、コアオアシシギ、タシギと一緒に採食していました。










このほかの旬な鳥は、アカアシシギ1羽、ノビタキ2羽、オオムシクイ1羽、チュウヒ1羽などもいました。

今年は9月中旬以降、シギ類の観察が長期間楽しめています。

昨日初確認されたマガンは、今日は姿が見られませんでした。マガンはいつも、ある程度群れが大きくなってから安定して園内で見られるようになるので、観察できるようになるにはもう少し時間がかかりそうです。

(きりぎりす)

2022年10月1日土曜日

初雁を確認!

今朝出勤してみると、運転中の車窓から肉眼でガンらしきシルエットが池の上に見えました。急いでネイチャーセンターから望遠鏡で確認したところ、マガンであることが分かったので、すぐにカメラを持って撮影に出動しました。


今朝確認した「初雁」。今年はマガンでした。8:31撮影。

2羽とも成鳥で、仲良く寄り添って泳いでいたので、つがいかもしれません。















米子水鳥公園では、かつては10月初旬に秋の深まりを告げる鳥としてマガンが飛来し、それから1週間くらい経ってから冬の使者「コハクチョウ」が飛来するのが定番でした。しかし、2018年以降はマガンよりも先にヒシクイやコハクチョウが飛来することが相次ぎました。妥当な時期にマガンの初雁が確認できたのは、2017年以来5年ぶりです。

今朝行われた鳥類標識調査でも、もうそろそろかな?と期待していた鳥が、期待どおり捕獲されました。

今季初確認のノゴマ オス・成鳥。
昨日噂していたとおりですね。ようこそ!














もう1種類。オオムシクイ 性不明・幼鳥も初確認でした。









今日の調査結果

・コヨシキリ N41R1

・シマセンニュウ N5

・ノゴマ N1 今季初認!

・ノビタキ N1 2日連続!

・オオムシクイ N1 今季初認!

以上、5種類、50羽(うち再捕獲1羽)


今日注目の鳥

・マガン 成鳥2羽 今季初認!

・アオアシシギ 1羽

・コアオアシシギ 7羽

・アカアシシギ 1羽

・エリマキシギ オス幼鳥1羽

・オオタカ 成鳥1羽

・チュウヒ 2羽

・トモエガモ 4羽

・ジョウビタキ メス1羽 今季初認!

など、42種類。


トモエガモが4羽、ネイチャーセンターから見て左手の近い水域でくつろいでいました。こんなに近くにやって来るのは珍しいです。
















チュウヒも時々飛ぶ姿が見られるようになってきました。この個体は幼鳥です。














腰が白い成鳥(写真右上)と、じゃれ合いながら飛ぶ様子も見られました。









今季初確認の鳥が連日現れて、鳥の移動が活発になっていることを実感します。次の今季初認は誰でしょう?


(きりぎりす)

2022年9月30日金曜日

秋の生き物観察はいかがですか?

園内を歩き回って秋の生き物たちの様子を観察していた時、園内では珍しいオオカマキリを見つけました。


正門前を歩いていたオオカマキリのメス。カメラ目線を向けてくれるのがありがたいです。

















正門に立つ丸太の看板前でオオカマキリを撮影していると、丸太の割れ目からニホンヤモリが慌てて飛び出してきました。その割れ目の中で何かがうごめいていたので確認してみたら、シマヘビが収まっていました。




















正門横駐車場に移動すると、足元からトノサマバッタが飛び出してきました。

きれいな黄緑色の、トノサマバッタのメス。普段は草地にいて姿が草に紛れていますが、このように開けた場所にいる時は、絶好の観察チャンスです。
















トノサマバッタを観察していると、お腹を地面に突き立て始めました。どうやら産卵場所を探しているようです。思いがけず、貴重な光景に立ち会えました。
それにしても、ここはお腹の先で地面を掘って産卵するには、地面が固すぎるのでは?
















今が旬な生き物、赤とんぼ。その代表がアキアカネですが、今では数がとても少なくなり、鳥取県では2022年のレッドリストの改定で、準絶滅危惧に位置付けられました。

アキアカネのメス。赤くならない個体が多いです。















アキアカネのオス。お腹だけ赤くなります。















水鳥公園ではアキアカネよりも数が多いナツアカネ。
頭からお腹の先まで全身真っ赤で、まさに完熟!といった感じのオス。















一方、赤さ控えめなナツアカネのメス。
















ジュニアレンジャーの森を歩いてみると、マテバシイの幹にシラホシハナムグリがいました。















シラホシハナムグリの少し上には、オオスズメバチが樹液をなめていました。今、園内の樹液酒場はどこもオオスズメバチに占領されています。おそらく、先ほどのシラホシハナムグリは元々は樹液をなめていたけれども、オオスズメバチに追い出されて仕方なく、ここでじっとしていたのでしょう。














カワセミ観察壁の近くの木陰にいたマユタテアカネのメス。マユタテアカネは、翅の先が茶色いものと透明なものとがいます。オスはお腹が真っ赤になり美しいです。




カワセミ観察壁の上に茂っているトウネズミモチの未熟な実に、コガタスズメバチがやってきていました。熱心に実の表面をなめているように見えるのですが、まだ熟していない実が美味しいのかな?















メダカ池の浅瀬には、メダカが大量に群れ泳いでいました。

















ようやく蒸し暑さもおさまり、屋外散策が快適な季節となりました。ご来園の際には、ネイチャーセンターからの野鳥観察と併せて、屋外で秋の小さな生き物探しもおススメです。

(きりぎりす)