2022年1月16日日曜日

コハクチョウ急増!マガンもいました!!

日の出目前の6:47の風景。さて、コハクチョウは何羽、園内で夜を明かしたのでしょうか。数えてみたところ、110羽いました。昨日の朝は38羽だったので、期待どおり大幅増です。











真っ暗な園路を歩いて出勤した時に、マガンの声が聞こえました。昨晩はマガンもねぐら入りしたようです。望遠鏡で確認すると、500m先の半島の周りにガンの影がたくさん見えました。ヒシクイの声も聞こえました。
7:05撮影。















見えている範囲のマガンの数を数えていたところ、突然背後からマガンの群れが飛来しました。まさか、これから飛び立とうというときに群れが飛来するとは意表を突かれました。
7:18撮影。

























7:35に採食に出かけたマガンたち。ヒシクイの群れはいつの間にか出かけてしまっていました。飛んでいるマガンの群れに白い鳥が混じっていたので、ひょっとしてハクガン?と色めき立ちましたが、正体はツクシガモでした。ずっと園内で過ごしている鳥なのに、マガンにつられてしまったのでしょうか。
7:35撮影。















マガンの数は正確につかむことはできませんでしたが、400羽前後いたようです。暗い中でマガンの群れから離れた水面に23羽群れていたガンのシルエットがあり、これがヒシクイだったのではないかと思います。

日の出前でまだ暗い中、眠っているコハクチョウの群れの中にコブハクチョウが1羽混じって一緒に眠っていました。明るくなってから観察してみると、この個体はコハクチョウを威嚇せず、仲良く一緒に泳いでいました。コハクチョウに寛容で、上半身がひどく汚れているこのコブハクチョウは「てっちゃん」だと思います。
7:41撮影。















その後、ネイチャーセンター前にやって来たコブハクチョウたち。右は、今朝新たに飛来してきた個体です。てっちゃんらしき個体がこの個体の傍らにやってきて寄り添ったので、あれ?と思ったのですが、特に求愛ディスプレイを交わすことなく、その後別行動をとっていたので、他人同士のようです。8:01撮影。















この見事な汚れっぷり、やっぱり「てっちゃん」っぽい。















ちなみに、今朝確認されたコハクチョウの「吉田さん」。今も安来で元気に暮らしています。月に一度行われている中海のガンカモ調査の際に、毎回同じ場所で確認されています。7:17安来市内で撮影。















後にこの個体は、安来に向かうコハクチョウの群れと一緒に飛び去りました。コハクチョウのねぐら立ちにコブハクチョウが同行する様子は滑稽です。今朝飛来した個体の方は園内に留まりました。

中海に面した堤防の上空を、2羽のノスリが戯れていました。先日のイソシギと同様に殺気が感じられないので、求愛行動かもしれません。
11:41撮影。


























予報どおり、朝は晴天でしたが急速に天気が悪くなり、時々雨が降りました。これからまた寒くなるようですが、鳥たちの様子に変化が見られるか、注目です。

(きりぎりす)

2022年1月15日土曜日

今日の鳥の様子20220115

今日は青空と雪化粧の大山を望める良いお天気でした。明日以降は天気が下り坂の見込みなので、貴重な晴れ間でした。


近頃園内のタシギに人気のこのコーナーには、今日は8羽が密集していました。










ネイチャーセンターから600mくらい先に、ミコアイサのオスが3羽いました。もっと近くで観察したいものです。











近頃園内に現れていなかったコブハクチョウが、久しぶりにやってきました。求愛ディスプレイを交わしていたのでつがいと思われます。










ネイチャーセンターの正面で、マガモが交尾をしていました。


マガモの交尾は儀式化されていて、交尾が終わるとオスは頭を下げてメスの周囲を一周まわり、メスは水浴びをする、という行動が必ず見られます。



16:04に池の奥からネイチャーセンターに向かって飛んできたハイイロチュウヒのメス。今日はオスも飛んでくれました。年明け以降、ハイイロチュウヒのオスがしばしば姿を見せてくれてうれしいです。















今日もコハクチョウのねぐら入りが早く、16:02から帰ってきました。青空を飛ぶコハクチョウの姿は園内ではなかなか見られない、貴重な光景です。



雪化粧をした山々を背景にコハクチョウが舞い降りる様子は、とてもきれいです。




近頃はネイチャーセンター前にコハクチョウが集まってくれていたのですが、今日早く帰って来た群れは、みんな500m先の半島の裏側に潜ってしまい、姿が見えなくなってしまいました。
先に園内にいたコブハクチョウは、幸いなことにコハクチョウに敵対的ではなかったので平和でした。

17:12に帰って来た群れは、ネイチャーセンター前に集まってくれました。




今朝よりもたくさんのコハクチョウがねぐら入りしました。明日の朝、何羽いるのか楽しみです。

(きりぎりす)

2022年1月14日金曜日

ついに小鳥が赤い実を食べ始めた!

今朝はとても寒いです。


8:43の風景。今朝もネイチャーセンター前浜でコハクチョウが夜を明かしていました。39羽いました。










コハクチョウの群れの前を横切るヌートリア。雪の中でも活発に行動しています。8:50撮影。










ねぐら立ちは今日も遅めでした。9:22撮影。













一日中雪が降ったりやんだりの天気でした。9:28撮影。
















今日のタシギは5羽でした。近頃はここ(前浜右手の小島の右手前隅)が定位置です。10:58撮影。
















ヨシ原に飛び込む小鳥の群れがいたので、よく見るとスズメでした。近頃オオジュリンを全く見かけません。11:28撮影。
















ネイチャセンター南側のクロガネモチの赤い実を食べにやって来たツグミ。11:35撮影。
















ヒヨドリもやってきました。11:36撮影。
















この木には、いつもシロハラが居ついていて、ツグミやヒヨドリがやってくるとすぐに追い払ってしまいます。しかし、シロハラ自体はいつも茂みの中に潜んでいて、姿を見せてくれないのが残念です。


実を食べた後、近くのネムノキの枝にとまって休憩するツグミ。時々実の種を吐き出していました。13:01撮影。
















クロガネモチの実は、園内の冬の小鳥が最後に食べる木の実です。これを食べに来るようになったということで、寒さが最も厳しい時期になったことを実感します。寒冬の年は早い時期に食べつくされ、暖冬の年は食べ残されたまま春になります。

今日は17:02からコハクチョウが帰ってきました。昨日よりは遅いですが、開館時間中のまだ明るいうちに帰ってきてくれるのはうれしいです。17:16撮影。






























着水後、前浜に集合するコハクチョウ。現在園内をねぐらとしているコハクチョウのほとんどは前浜で夜を明かしています。17:10撮影。




これからは、クロガネモチの実を食べに集まってくる鳥たちの観察もおすすめです。この木には以前、ヒレンジャクの群れやシロガシラがやってきたことがありますが、今年はどうでしょう?面白い鳥がやってきてくれるといいですね。

(きりぎりす)

2022年1月13日木曜日

コハクチョウの塒入りが超早かった!

今朝は、8:30時点でコハクチョウ46羽、オオハクチョウ2羽がいました。

ネイチャーセンター前左手に群れるコハクチョウ。8:31撮影。










いつもはコハクチョウよりものんびりしているオオハクチョウが、コハクチョウに先駆けて採食に出かけました。8:33撮影。










オオハクチョウから少し遅れて、コハクチョウが飛び立ち始めました。8:39撮影。










飛び立った仲間を見て、続々と出かける準備を始めるコハクチョウたち。8:42撮影。










コハクチョウは、9:30ごろまでにすべて採食に出かけました。


今日は一日中北東の冷たい強風が吹き荒れ、鳥たちは少しでも風当たりが少ない場所を探して避難していました。

ネイチャーセンター前右手の小島で、縁の枕木に隠れるタシギとハマシギ。9:08撮影。










身を寄せ合って仲良く密集して泳ぐヌートリアの子ども。11:00撮影。










いつもは見晴らしの良い木の先端にとまるノスリが、今日は強風を避けて低い場所にとまっていました。12:48撮影。









園内では珍客のセグロカモメがネイチャーセンター目の前の小島にやってきました。13:14撮影。









ネイチャーセンターの目の前で、2羽のイソシギが賑やかに鳴きながら追いかけ合い戯れていました。求愛行動のように見えました。15:13撮影。






















近頃コハクチョウの塒入りが早い、と先の記事でご紹介しましたが、今日はさらに早く、14:50に5羽帰ってきました。続いて15:40頃に群れが一斉に帰ってきて、園内が賑わいました。16:00までに53羽がねぐら入りしました。

採食から帰ってきて、ネイチャーセンター前に集うコハクチョウたち。15:46撮影。







採食から帰って来たコハクチョウたちは、くちばしが泥んこで稲わらがたくさんついていました。池の水で羽繕いをして泥汚れを落としている中で、幼鳥4羽がまるでプールで遊ぶ子供たちのように大はしゃぎしていました。



ネイチャーセンター前の浅瀬で池の底を掘って水草を探し始めたコハクチョウ。それを見て、待ってましたとばかりにマガモたちが集まってきて、おこぼれを狙っていました。15:57撮影。





こんなに明るいうちからコハクチョウがネイチャーセンター前に群れる光景は珍しいです。16:00撮影。





(きりぎりす)

2022年1月12日水曜日

今日の鳥の様子20220112

連休中はお天気が良かったのですが、連休が明けるとまた真冬の天気に逆戻りです。小雪が舞う中で過ごしていた園内の鳥の様子をご紹介します。

ついこの前まで園内をにぎやかしてくれていた、オナガガモやトモエガモの群れが近頃いなくなってしまって寂しいのですが、ツクシガモはいつも園内にいてくれてありがたい存在です。今日は14羽いて、そのほとんどがネイチャーセンターの近くに一日中いました。

前浜正面の小島でくつろぐツクシガモのオス。10:30撮影。









この冬は園路の近くにとまることが多いノスリ。12:12マルコメ撮影。










いつの間にか600mくらい先にヒシクイの群れがいました。16:18撮影。












500m先の半島に降りているチュウヒ2羽。16:20撮影。









近頃はコハクチョウの塒入りが早く、早いものでは16:30頃から帰ってきます。

今日も16:35に44羽がまとめて安来方向から帰ってきました。ネイチャーセンターの近くで旋回して着水したので壮観でした。

着水直後のコハクチョウたち。16:38撮影。









ネイチャーセンターの近くに舞い降りたコハクチョウたちは、みんなネイチャーセンター前浜に集まってくつろぎ始めました。今晩は前浜で過ごすつもりかな?16:44撮影。









ネイチャーセンター前浜に集うコハクチョウたち。16:50撮影。












(きりぎりす)